アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
    綺麗な女性

    矯正歯科で歯列を整えましょう

    「矯正歯科」は歯科の一分野です。ここでは、歯列矯正を行っています。中でも多い症例として、前歯の「部分矯正」があ...

    Readmore
    綺麗な歯並び

    歯列の矯正等について

     歯列矯正とは、歯の並びを正しく整える事を言います。歯列が正しくないと、口内だけではなく全身に影響が出てきます...

    Readmore
    白い歯で笑う

    ひょんなことから部分矯正しました

    比較的歯並びは良い方だったのですが上歯の犬歯が乳歯の生え変わりスペースがなく20代まで乳歯が残ったままで、せん...

    Readmore
綺麗な女性

「矯正歯科」は歯科の一分野です。
ここでは、歯列矯正を行っています。
中でも多い症例として、前歯の「部分矯正」があります。
このような前歯だけに矯正装置を取り付ける「部分矯正」は、基本的にどのような矯正歯科でも行っていますが、あくまでも患者さんの希望や歯列の状態によって可能かどうかが決まります。
通常、矯正歯科で行われる「歯列矯正」にかかる期間は2~3年と言われています。
しかし、「部分矯正」の場合にはこれが1年以内で、費用は約3分の1になります。
ちなみに前歯だけの部分矯正(歯列矯正)の場合、一般的な矯正歯科でのお値段は35~55万円程度です。
矯正歯科で行われる部分矯正(歯列矯正)としては、主に3つの方法があります。
1つ目は、裏側から矯正する「舌側矯正(裏側矯正)」です。
2つ目は、装置の色が目立たない「セラミック矯正」です。
そして3つ目は、金属を用いる「メタル矯正」です。
1つ目の方法が最も高額で、3つ目は装置代が無料なので安価です。
2つ目は、他人に知られずに部分矯正(歯列矯正)をしたい方にオススメです。
このような矯正歯科での部分矯正(歯列矯正)は、上顎前突(出っ歯)、叢生(八重歯)、空隙歯列(すきっ歯)、反対咬合(受け口)の方に最適な治療です。
また、治療費用や期間を抑えたい方、過去に行った矯正の後戻りに悩む中にも適しています。
さらに、このような部分矯正にプラスして、矯正歯科では「インプラント」との併用や、骨にスジを入れて歯の移動を促進する「コルチコトミー」などの方法を用いて、時間短縮を図っています。

白い歯で笑う

比較的歯並びは良い方だったのですが上歯の犬歯が乳歯の生え変わりスペースがなく20代まで乳歯が残ったままで、せんべいを食べてポキっと折れてしまいすきっ歯になってしまいました。
さすがに恥ずかしく歯科に受診差し歯を入れてその場はとりつくろいましたが。
歯茎の上から永久歯が顔を出し歯列が悪くなってしまうのも時間の問題、矯正歯科を紹介してもらい受診しました。
矯正歯科では問診と歯列を視診、レントゲン撮影、左右横顔正面の顔マウスピースをいれて歯列を撮影されました。
写真を撮影して歯列は良い方だが受け口気味で上顎の方がスペースがないので今の状態で犬歯がはえるスペースがほとんどなくかなり歯列が悪くなり矯正歯科をするなら上下ワイヤーをいれて歯列を整えることを強く勧められました。
部分矯正もできるが犬歯が出てくるスペースがないので全部がきれいにでるかは保障はできないと説明されました。
矯正歯科の場合保険外なので上下実費で100万越えでした。
将来的な歯列を考えるなら部分矯正よりかは全歯矯正歯科が良いことを言われましたが分割でも3ヶ月おきに30万の支払いは私の収入では無理だったので犬歯を引っ張りだす部分矯正で契約しました。
一本の部分矯正だけで30万円かかりました。
今思えは一本で割高だとは思うんですが20代の私には精一杯の自分への投資でした。
部分矯正の治療は差し歯に穴をあけワイヤーを通し出てきている犬歯に引っ掛けて3ヶ月かけて引っ張りだすという治療でした。
だんだん犬歯が出てくるのでつなげるワイヤーを短くしていく工程で引っ張られている感覚はありましたが表面から見てもワイヤーは見えず矯正歯科をしているのは周りには気づかれる心配はありませんでした。
今ではしっかり犬歯も出て差し歯とともに部分矯正のワイヤーも外されました。
部分矯正でも満足できる結果です。
矯正歯科も先生とよく話して自分に合った治療をしましょう